ピンキッシュボーテは他の商品と比べてコスパは良いの?

 

 

ピンキッシュボーテの値段高くない???

 

 

しかも、ピンキッシュボーテの内容量は25gです。

 

公式サイトには”1日2回たっぷりとお使いください”と書かれています。

 

 

本当に1ヶ月25gで足りるの??

 

 

値段の割に量少ない…

 

 

 

早く効果が欲しくて多めに使って足りなくなったら嫌だし、

 

かと言ってケチって使っていたら、ピンキッシュボーテ効果が現れないか心配ですよね。

 

 

 

実際に口コミではどのように言われているのでしょうか?

 

  • 他商品の乳首美白クリームの量と値段はどうなのか
  • 専用黒ずみクリームな何故高いのか
  • 1ヶ月分25gの使用量で効果はあるのか

 

 

この3つについて調べてみました^^

 

 

他商品の乳首美白クリームの量と値段は?

 

あらゆる黒ずみケアの中でも

ピンキッシュボーテと似ている、乳首やデリケートゾーン専用の美白クリームを調べてみました。

 

 

一般的な黒ずみケアクリーム(平均)↓

  • 量:25〜35g
  • 値段:単品で7,000円〜9,000円/定期コースで5,000円〜6,000円

※黒ずみケア商品ランキングサイト5商品調べた結果

 

 

 

ピンキッシュボーテ↓

  • 量:25g
  • 値段:単品で7560円>/定期コースで初回0円以降6480円

 

 

調べてみても、ピンキッシュボーテが特別量が少ない・値段が高いというわけではなさそうです。

 

 

美白クリームの相場自体が、決して安いものではないということですね。

 

なので、量の割に値段が高いのは、乳首の黒ずみクリームであればどれも一緒です。

 

「コッチの商品のほうが量も値段もお得だった〜!!」

 

というような損は起きないと思われます。

 

値段の差で効果の度合いが変わるのかと言ったら必ずしもそうではありません。

 

単純に使われる成分の希少価値が高かったする場合もありますが、品質管理の問題でコストがかかったり、テレビや雑誌に載れば宣伝費もかかります。

 

 

 

量の割に値段が高い理由は?

 

「それにしても顔に使う美白クリームと違って量が少なすぎる。」

 

という意見があると思います。

 

考えられる理由は2つあります。

 

  • 1.デリケートゾーンに塗る化粧品なので、使用期限が短い
  • 2.デリケートゾーンに特化した分、顔に使うものとは違って配合されている成分の質が違う

 

 

単純に量が少ない理由は、乳首の黒ずみ専用クリームはたくさん使うことが想定されていないから。

というのは想像できると思います。

 

 

まず使用期限について

 

どんなに衛生面に気を配っていても、一度開封すると劣化は避けられませんよね。

しかも、肌や手などとは違い、デリケートゾーンや乳首に塗るものはさらに衛生面に気をつける必要があります。

 

 

これを配慮すると、1ヶ月以内に使い切れる量が理想だと思います。

 

 

つぎに成分の質について

 

デリケートゾーンに使うものは低刺激に作られるので、天然素材や無添加、保存料フリーのものも多いです。

それに加えてデリケードゾーンは黒ずみ起きやすい部分です。

 

肌のくすみの改善と比べても、肌に優しい、かつ効果的な成分と濃度が必要になるんです。

 

 

だから、1つの商品に量の割に値段が高いのかなと思います。

 

 

ピンキッシュボーテ1ヶ月25gって足りる?

 

乳首のみであれば足りる。他の部位を使い出すと足りなくなる

 

 

ピンキッシュボーテのテクスチャ(使い心地)は伸びが良いので、一回に使う量はワンプッシュで大丈夫です。

 

乳首へ1日2回塗るくらいであれば、25gでもぎりぎり足ります。

 

 

ですが乳首へ1日2回も塗ると当然、他の部位もとなると足りなくなりそうと感じました><

 

 

私は顔のシミに使っていたこともありますが、黒ずみ箇所を重点的にチョチョン!っと塗る感じで使っていました。

メインは乳首の黒ずみケアだし、もったいないですからね。

 

 

もし、身体の黒ずみにも使いたいなら、黒ずみ対策用のボディーソープもあったりしますよ。

成分の濃度は落ちるので普通のボディーソープ使うよりはマシかなといった感じですが、値段を考えると圧倒的に安く済みます。

 

 

だから、ピンキッシュボーテを購入する際には改善したい部位を決めて購入してください。

たとえば脇の下の黒ずみに使いたいとすると、脇全体ではなく気になる箇所にピンポイントで塗る。

 

そうすれば足りなくなることがなく、十分にお肌へ浸透させられるので満足できる効果が得られるようになりますよ^^

 

 

 

25gの成分の量で効果はあるの?

 

内容量の多い少ないは”水分の違い”だと思ってOK。

 

つまり、量が多いのは単純に成分が薄い場合もあるということです。

 

 

よくある全身に使えるオールインワンジェルやボディクリーム。

 

 

たとえば、美白成分に強力なハイドロキノンという成分が高濃度で配合されていたら、絶対に全身には使えないわけですよ。

 

だから、美白成分配合!と書かれていたとしても、全身にも使えるとなると肌の色んな部分に使えるように、成分の濃度を低くしなければいけません。

 

 

これを踏まえてみても、たっぷり内容量と謳われているのものは、その分期待できる効果も薄いというわけです。

 

 

じゃあ、全身使えるクリームって何のためにあるのっていう疑問がありますよね。

 

それは予防だけです。

 

肌トラブルの主な原因は乾燥が多いので、保湿することで未然に防ぐわけです。

 

ピンキッシュボーテは医薬部外品という厚生労働省で効果が確認された成分が一定量配合されているので、黒ずみを改善できる効果はその分期待できます。

 

 

しかし、世の中の”化粧品”と言われているものは全て”ただの気休め程度”だと思っても間違いありません。

 

 

これは、薬剤法で決められていることです。

副作用の心配がないぶん、効果も薄いわけです。
乳首が黒い女

 

 

つまり、すでにできてしまったシミやくすみに使っても効果が出ないのは想像できますよね。

 

 

だから、乳首の黒ずみで悩んでいるなら、ピンキッシュボーテのような専用クリームが効果的なんです。

 

 

まとめ

 

他の商品と比較しても、相対的にはピンキッシュボーテの量と値段が釣り合わないことは無いことがわかりましたが…

 

それにしたって、絶対的に見れば高いです。

 

 

あっちもこっちも塗っているとやっぱり25gでは足りないんです。

 

 

だから、値段が高いなぁと思う人におすすめするのは、

 

まずは集中して乳首の黒ずみ改善に望む

 

↓↓おすすめ記事

 

ピンキッシュボーテの効果|最短2週間って口コミ本当?3つの特徴に注目

 

↓↓改善したら

 

予防の意味でオールインワンジェルなどを使う

or
黒ずみ専用ボディーソープを使う

 

 

ピンキッシュボーテを効果的に使って3ヶ月以内に美白乳首をめざしてください!

 

早く改善できればそれだけ安く済みますからね^^

 

 

それから一旦ピンキッシュボーテは休止して、さっき言ったように予防の意味を含めて量が多いボディクリームやオールインワンジェルに切り替えるのがおすすめです。

 

 

 

ピンキッシュボーテの黒ずみ対策は、細々と続けている方が効果的です。

 

 

今の肌は5年前の手入れでできている…なんて言葉を聞いたことがありますが、年を取ればそれだけ治りづらくなります。

 

確かに閉経したらきれいなピンク色の乳首になるという話もありますが、そこまで待てませんよね…。

(確かに定年退職後のほうが温泉に行く機会増えそうだけど!(笑))

 

 

いずれにしても、黒ずみは放っておくと、ずーっと治らない傷跡とかあるように、ターンオーバーが乱れている限りなかなか治りません。

 

 

黒乳首から解放されると、自身がつきます。

 

 

性格悪いかもしれませんが、たとえば温泉行った時。

凄くスタイルが良くて顔もかわいい子がいても、乳首をみてまっくろくろすけだったら、なんかその子を羨ましいって思わなくなります。

 

惜しいっ☆(笑顔)

 

って思います。

 

 

でも、そういう小さな優越感が自信につながるんです。

 

 

ピンクの乳首に妄想を抱いている男には、その妄想を叶えてあげましょう。(笑)

ピンクの乳首なんているわけないって冷めている男には、他の女性との乳首の違いを見せつけてやりましょう!

 

 

かわいくて憎たらしい女友達には、乳首だけは負けてないって思えるように自身をつけましょう!

 

どこか一つ自身が付けば、その子が憎たらしく思わなくなるはずです。

 

 

きれいな乳首を作って自身を取り戻すピンキッシュボーテはこちら↓↓