乳首を即効ピンク色にするアイテム|ヴァージンティントの注意点

 

ティント 効果

 

緊急事態!!!

 

 

連絡していた男性から「2人で食事しよう」ってお誘いが!!

 

 

色々な可能性も考えてみても

 

この乳首だとヤバイ!!!

 

 

なんとかならないかなぁ…そうだ!

 

リップとか乳首に塗るのってどうなんだ??

口紅専用のリップはおすすめできませんが…

 

乳首専用のリップはたしかにあります。

 

 

乳首をピンクに”染める”リップヴァージンティントです。

 

乳首をピンクに染めるリップ?ヴァージンティントの効果と注意点

 

 

ヴァージンティントとは一体何者なの?

 

  • 口紅のように乳首に色を塗るの?
  • 染めるってどういうこと?
  • 色落ちしたりしないの?
  • 使う時の注意点は?

 


 

 

などなど、ヴァージンティントについて効果や口コミ、使用上の注意などを調べてみました。

 

 

結論からいうと、ティントは個人的にはあまりおすすめできないコスメです。

 

ですが、メリットが多くあるのも事実です。

 

では早速見てみましょう^^

 

そもそもティントとは?

 

”ティント”というのは染めるという意味で、その名の通り、肌に染めてしまうコスメのことです。

 

 

元々は乳首ではなく”唇”を染めるリップから始まり、眉毛を染めるコスメなどもあったりあします。

 

つまり、メイクを落としても色落ちしないんです。

 

 

そうなるとどういうことが実現できるか。

 

 

全部ティントで唇も眉毛も染めて、ついでに洗っても効果が持続する二重コスメを使えば、憧れの【すっぴん美人】を作れてしまいます。

だから芸能人はティントすっぴんである可能性もあるんですよー…

 

 

まさに男性には知られたくない秘密のコスメ(笑)

 

 

例えば口紅をつけていると、コップなどに口紅が付いて嫌だという人も多いですよね。(特に男性に嫌がられる事が多い)

 

そんなときも、塗り直しも不要だし、ティントであればコップに色移りする心配がない上に、リップを付けたような色の唇でいられるわけです^^。

(自分で調べておいて、ほしいなぁと思った次第です。)

 

 

 

乳首の場合も同じで、乳首に色を染めて理想のピンク色に変えてしまう、なんとも画期的なアイテムです。

 

上の画像にあったヴァージンティントを使った効果の写真をお借りすると、こんな感じで自然な色合いに染まってくれます。

 

ティント 効果

 

 

下着に染み付くことは?

ティントのメーカーにもよりますが、速乾性がある物が多いので、すぐに乾いて肌に馴染みます。

しっかりと乾いた状態で下着を身につければ、色移りうることはないようです。

 

ティントの色を落とすには?

ティントは塗るものではなく、”染めるもの”なので、クレンジングでは簡単に落とすことはできません。

肌の角質に色がつくイメージなので、徐々に角質と一緒に剥がれ落ちていくまで色が持続しています。

 

ティントのメリット

  • 緊急時にすぐにピンク色にできる即効性
  • 水では簡単に落ちない
  • 2,3日効果が持続する

 

 

ティントの注意点やデメリットは?

 

ティントの最大のメリットは即効性ですが、ティントにもデメリットがあります。

 

以下に当てはまる人は使わないほうがいいです

 

  • 乾燥している時
  • 肌荒れしやすい敏感肌
  • 授乳中や妊娠中

 

 

使用注意1:乾燥している時

 

ティントは乳首の角質に染めてピンク色にするものです。

乾燥している部分は角質が剥がれやすいです。

 

乾燥していない部分とくらべて、色が落ちやすかったり色ムラができてしまいます。

 

まずはボディクリームやオイルなどで乾燥肌を対策してください。

 

同時に使用すると色が染み込まない可能性もあるので、

 

夜(風呂上がり):乾燥肌の対策

朝:ティントでピンク色対策

 

というように、肌の状態がいい時に使用してください。

 

 

使用注意2:肌荒れしやすい敏感肌

 

ヴァージンティントは肌を保湿するコラーゲンなども含まれています。

合成香料・鉱物油・界面活性剤・シリコン不使用と書かれているので、比較的肌に優しい成分でできているようです。

 

ですが、人口的な着色料を肌に染めることには代わりありません。

たまに使用する程度なら問題ないとしても、定着させるための成分(ポリマー)などは、毎日使っていると肌の新陳代謝を悪くさせます。

 

 

すると、かゆみが生じたり、乳首が腫れてしまうこともないわけではありません。

 

敏感肌にはティントは合わないと思っていたほうが良いです。

 

 

使用注意3:授乳中や妊娠中

 

まず、授乳中は解説しなくても分かると思いますが、赤ちゃんがしゃぶる乳首にティントはまずいです。

 

絶対にやめてください。

 

 

妊娠中は乳首が大きくなったりするので新陳代謝が良く、もっとも乳首の色が黒くなる時期ですよね。

 

 

角質はすぐに入れ替わるし、乳首の黒ずみは進む一方なのでティントを使ってピンクにしても、あまり効果がないんじゃないかなと思います。

 

 

肌から成分が入り込んで赤ちゃんに影響がでるとかそういった心配は不要ですが、妊娠中は敏感肌になりやすい時期でもあります。

 

 

あまり無理して黒ずみ乳首に抵抗しないほうが懸命です。

 

 

妊娠・出産・授乳が終わったタイミングで使い始めてください。

 

女性ホルモンの分泌による黒ずみが減るタイミングで使うのがティントの効果が得られると思います。

 

 

 

使った人の口コミは?

 

すぐに自然なピンク色に染まって、効果を感じている人もいれば、まったく効果がないという人も中にはいます。

 

 

お伝えしておきたいのは特に悪い口コミ。

 

痒みが生じて、あげく乳首が膨張してしまったケースも有るようです。

 

 

全くピンク色に染まらなかった人の中には、メラニン色素の強さやホルモン分泌による黒ずみが強いのも原因かもしれせん。

 

また、初めて塗る時は、あまり色が乳首に染み込んでいかないという声もありました。

 

 

あと1番どうしようもない意見としては、ピンクになって本人が満足したとしても、男性からみて不自然と思われるケースもあるようでした。

 

悪い口コミをまとめると

・自然なピンク色にはならない

・乳首にかゆみや腫れが起きる人もいる
・まったく色が染まらない

 

 

ティントはとても便利で即効性のあるコスメですが、こういったデメリットもあるということです。

 

購入前にはよく検討してみてください。

 

 

その他の注意点

 

あくまでもティントでピンク色の乳首は一時的なもの

 

言ってしまえば、ティントは髪を染めるのと一緒です。

洗って簡単に落ちることはありませんが、徐々に色が抜けていきます。

 

 

髪の毛が伸びれば先端は元の色が出てくるように、いずれ乳首を染めている部分もなくなってしまいます。

 

 

でも、ずっとティントでごまかしていればいいじゃない!っと思うかもしれませんよね。

考え方によっては、2,3日ごとにティントを塗って乳首をピンク色に染めるのもありだと思います。

 

 

ですが、髪の毛はカラーリングを繰り返すと痛むように、乳首や肌に負担もかかるんです。

 

 

若いうちは良いかもしれませんが、歳を重ねるに連れて肌質はどうしても劣化します。

ティントを塗ること自体が肌を痛めることにつながるので、化粧ノリが悪くなるように、ティントの効果が十分に発揮できなくなることもありえます。

 

 

なので、ずーっとティントを使って乳首をピンク色にするのは、やっぱりおすすめしません。

 

 

それに、彼氏に見せる乳首をずっとティントでピンク色にしてごまかすのは容易じゃないですよね。

 

 

人によっては、乳首を気にするあまり、本当の乳首の色がバレたら嫌われるのでは…?と過剰に心配してしまうようになるかもしれません。

 

 

こういった意味も含めてずっとティントでごまかすのは肌質にも精神衛生上にも支障があります。

 

だから、はじめに言ったようにティントは個人的にはおすすめしません。

 

 

ティントは急な温泉旅行や緊急時の手段として使うことをおすすめします。

 

 

 

ティント併用!おすすめの美白乳首にする方法

 

ティントの注意点をまとめておくと

 

  • 敏感肌や妊娠・授乳中には使えない
  • 効果は一時的
  • 肌に負担も大きい
  • やるならずっとごまかし続けなければいけない

 

ティントを調べてみるとメリットも多く、すっぴん美人が作れるアイテムとしてはとても優秀だなと感じます。

 

特に本来の唇専用のティントはとても良いですよね。

 

 

ですが、デメリットの副作用を考えると、肌に色を染める方法はあまり良いとは思いませんでした。

 

 

 

じゃあどうすればいいのよ!!!

 

 

という声が聞こえてきそうなので、乳首に悩む人はこんな方法がおすすめかなと思います。↓

 

  1. 彼氏と合う時、緊急時はティントを使ってピンク色にする
  2. 普段は乳首専用の美白クリームで美白乳首になるようにケアをする

 

ティントは化粧であるのに対し、乳首専用の美白クリームはスキンケア。

 

 

その美白クリームですが、おすすめはこのサイトで一押しているピンキッシュボーテです。

 

ティント 効果

 

定期コースで月1で届くのですが、0円からスタートできます。

 

どちらにせよ、改善するなら2〜3ヶ月かかるものなので、定期コースがかなりお得です。

(単品購入もできますがけっこうな値段します…)

 

 

即効性はありませんが、自然でごまかしのない美白乳首が期待できる乳首の美白クリームです。

 

 

ピンキッシュボーテを公式サイトで確認したい方はこちらのリンクから^^

 

↓↓

 

\初回実質0円!ピンキッシュボーテの公式はコチラ/

 

 

 

乳首のケアをしておけば、彼氏にごまかすこともなく、急な温泉旅行や緊急時でも乳首を見せても平気!

 

というのが最大のメリットです。

 

 

顔は可愛いのに乳首は残念…なんて思われたくないですよね。

 

 

残念ながら…。

 

男性は女性が気にしている以上に、乳首の色に対してあまりいい印象を持っていないようです。

 

 

だから、お肌もそうですが、乳首も日頃のケアがすごく大事です。

 

 

化粧はしっかりとクレンジングしないといけないように、ティントを使うならおさらケアは怠ってはいけません。

 

 

ピンキッシュボーテの個人の意見や効果・成分についてはこのサイトで紹介しています。

 

手始めにメニューに有る記事(スマホであればこの下↓↓)から効果や口コミの記事を参考にしてみてくださいね^^