乳首をピンクにする方法はどれが1番効果的なの?

 

ピンキッシュボーテ 黒ずみ

 

 

 

乳首が黒い悩み、はなかなか人に言えないですよね。

 

 

 

私もこのどす黒い色をどうにかしたいと、色んな口コミを調べたことがあります。

 

 

皆はどうやって乳首をピンクにする方法を行っているのか、気になりますよね。

 

 

口コミの中で多かった方法で、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

ピンキッシュボーテ以外の乳首の黒ずみケアの評判

 

比較的リアルな声を調べられるガールズちゃんねるで調べてみました。

 

 

使用者・効果を感じた口コミが多い順はこちらです。↓

 

1位.ハイドロキノン+トレチノイン

 

2位.レーザー治療

 

3位.避妊用のピル

 

 

 

この結果を見て思ったこと

 

最終的に私はどの方法も試そうとは思いませんでした。

 

それは、長期的に考えてもデメリットが目立つと思ったからです。

 

 

※結果的に医薬部外品の美白クリームを使って効果を実感したことが有ります。

 

↓↓

 

【画像あり】ピンキッシュボーテとホスピピュアの効果の違いを暴露!

 

 

口コミでみつけた効果とメリットデメリットを紹介します。

 

ハイドロキノン+トレチノインで乳首を漂白する方法

乳首をピンクにする方法

 

口コミで最も人気の高かった方法がハイドロキノン+トレチノインです。

 

 

ハイドロキノン

肌の漂白剤。予防やメラニン生成を抑えるだけでなく、色素沈着にした黒ずみに直接働きかけて元の色に戻す作用があります。

 

トレチノイン

肌のピーリング。強力なターンオーバーを促し、黒ずんでいる部分を押し上げて肌がきれいな状態にします。

 

 

おそらく黒ずみケアの最上級にいる医薬品だと思います。

黒ずみ対策に使われる成分は様々ありますが、ピンキッシュボーテに使われているプラセンタの10倍もの効果を発揮すると言われているみたいです。

 

 

塗ると色素の部分がペリペリと剥がれ落ち、黒ずみが取れるらしいです。

 

ハイドロキノンとトレチノインはそれぞれ効単体で使われることはあまりないようです。

 

理由は、ハイドロキノンは肌表面しか効果が無いので、トレチノインを使ってターンオーバーを促すことで、肌の奥まで色素沈着した黒ずみの改善ができるというわけです。

 

 

ただし、効果が強力な分、副作用やトラブルの声も多いです。

 

ハイドロキノン+トレチノインの副作用

 

  • 塗ると皮が剥けて見た目が汚くなる
  • 乳首の色がところどころ抜け落ち”まだら”になってしまうことがある
  • 成分が強力なので、痒みや炎症が起きることがある(必ずパッチテストを行う)
  • 1年以上同じ箇所に使い続けると必要なメラニンの生成自体も行われなくなり、抵抗力が下がる
  • トレチノインはビタミンAの含有量がとても多く、妊娠中に使用すると胎児に先天異常が見られることがある

 

 

一つの口コミを見ただけでも、これだけの副作用がわかりました。

 

 

ハイドロキノン+トレチノインはどんな人が使うべき?

 

個人的には、最終手段の薬といったイメージです。

 

本当に乳首が真っ黒で、何をやっても治せない。

どうやって治したらいいかわからないという悩みが深い人は、使ってみる価値はあると思います。

 

ですが、私は副作用が怖かったので使おうとは思いませんでした。

(事実ゆっくりですが、副作用の心配が少ない美白クリームでもある程度効果は実感できました。)

 

 

また、ハイドロキノンもトレチノインも通常は皮膚科や美容外科で処方される薬なので、市販では手に入りません。(個人輸入して手に入れる方法もあるようですが)

美容目的となるので、保険適用外となります。

 

 

副作用が怖い”医薬品”なので、絶対に医師の診断のもと使うようにしてください。

 

 

メリット

  • 黒ずみに対して効果が強力で確実

 

デメリット

  • 強力な分、副作用の報告が多い
  • 皮膚科や美容外科で処方してもらう必要がある

 

 

レーザー治療で色素を抜く方法

乳首をピンクにする方法

 

まず、私の中ではレーザーは論外です(笑)

 

 

治療費が馬鹿みたいにかかる。

調べてみると25万円とか出てきました。

 

病気の理療ではないので当たり前ですよね。

 

 

レーザー治療の画像を見ましたが、私が思う理想とはかけ離れて、レーザー治療は自然な色の抜け方にはならないようです。

 

 

画像のURL載せておくので見たい人は見てみてください。レーザー治療の画像はこちら

 

 

この結果であればレーザーはしない…。と思いました。

 

 

お金に余裕があるとしても、おすすめはしません…。

 

 

メリット:

  • 確実に色が抜ける

デメリット:

  • 値段が高い
  • 想像したきれいな乳首の効果は得られない

 

 

ピルを飲んで女性ホルモンの分泌を利用する方法

乳首をピンクにする方法

 

ピルは言ってしまえば女性ホルモンの分泌を促して効果を得るものなので、敏感肌や肌への副作用などは関係なく使用できるところは良いと思います。

 

ですが、ご存知の通りピルは避妊目的に使うものです。

本来の目的が違う薬なので黒ずみが改善するという確実な根拠はありません。

 

 

勘違いしやすいのですが、女性ホルモンというのは「卵胞ホルモン、黄体ホルモン」を指しますが、このうち美肌に効果があり、メラニン抑制が期待できるのは生理が終わってからすぐに分泌される卵胞ホルモンです。

 

 

 

ピルで擬似的な妊娠状態を作り出すために、ピルでは卵胞ホルモン・黄体ホルモン両方を服用します。

 

卵胞ホルモンのみであれば黒ずみの改善が期待できるかもしれませんが、これを踏まえてみても、ピルで黒ずみが改善されるという話はなんだか矛盾していますよね。

 

 

こういった意味でもあまり信憑性がありません。

 

しかも、本当は乳首の黒ずみを改善したいのに、わざわざ婦人科で処方してもらわなければなりません。

なので、乳首の黒ずみ改善にピルは有効ではないと考えます。

 

メリット:

  • 副作用の心配が無い

デメリット:

  • 本来は乳首の黒ずみケアが目的ではないので信憑性が薄い
  • 病院で処方してもらう必要がある

 

 

 

黒ずみケア方法で確実なものとは

 

元も子もないことを言いますが、黒ずみケアで”確実”を求めてはいけないんです。

 

どんな商品・方法でも、使用中は良いですが、やめればまたいずれ黒ずみが置きます。

 

逆にまったく黒くならなくなったときというのは”女性ホルモンの減少””肌を保護するメラニンの生成がされなくなった”など、何らかのマイナスな原因があるときです。

 

 

乳首の黒ずみに限らず、ムダ毛や汗なども、本来は人間を外部の刺激から守るためのものですが、いつの間にか現代人を悩ます産物になってしまったものです。

 

 

本来、乳首が黒いことも正常である。

 

って覚えておいたほうが良いです。

 

 

それを踏まえて改善をするならばより自然な形でゆっくり効果が発揮される方が安全だといえます。

 

 

私の中の結論は、

 

効能・副作用共に安全といえるのは、医薬部外品の美白クリームだと思います。

 

 

ターンオーバーを正常化し、皮膚の炎症を抑えて予防する方法が、長期的に見ても効果も実感できるし安全です。

 

 

コチラの記事でもお話しているのですが、効果が強いということは副作用も大きいということです。

 

↓↓↓

 

ピンキッシュボーテの副作用|購入前にチェックしたい3つのこと

 

 

 

実際、ピンキッシュボーテのような「美白クリームは全く効果ないよ。」って口コミも多かったです。

 

ですが本当に長期間使ってから言っているなら良いですが、そういう人に限って、2〜3週間程度使って、効果が無いって決めつけて辞めている人が多いです。

 

私もそうですが、人は即効性を求めますからね。仕方ないといえば仕方ないです。

 

 

 

 

極論言ってしまえば、乳首は赤ちゃんが母乳を吸うためにあるものです。

 

彼氏にみせるためにあるものでないので、乳首は黒いままで良いんですよね。(笑)

 

 

 

 

ですが…私も乳首の黒ずみを改善したいと思った理由は、旦那に言われた一言です。

 

「こんなに黒い人はいなかったなぁ・・・・」

 

 

 

正直、今まで温泉で見かけた乳首よりは黒くないと自負していましたが、世の中にはきれいなピンク色の乳首がいるんですよね〜…。

 

 

私は旦那の過去の女よりも黒いのか…

ゆるせん!絶対に改善してやる!

 

 

で、美白クリームにたどり着いたわけですが、ハイドロキノンやトレチノインは刺激がとても強いので絶対に口にしてはいけない成分です。

 

 

当然、授乳中なんて使うことができませんし、過去にハイドロキノンを使った乳首で母乳を上げると思うとちょっと怖いですよね。

(私は母乳で子どもを育てたので、どちらにしても使えませんでしたが…。)

 

 

 

だから最終的に選んだのがピンキッシュボーテだったわけです。

 

 

 

 

美白は緩やかに長期的スパンで効果を期待してください。

 

身体にとってもそれが1番負担がかからないし、より自然な状態で効果を得られるはずです。

 

 

 

安全に乳首をピンクにする方法はピンキッシュボーテやホスピピュアだと実感しています。

 

乳首の美白クリームが気になる方はコチラの記事も読んでみてください。

 

↓↓

 

【画像あり】ピンキッシュボーテとホスピピュアの効果の違いを暴露!